Boz Scaggs / Hard Times (Japan 12`Special Version) 77

February 16 [Sat], 2019, 19:03
本日は”Boz Scaggs”、男の色気、哀愁感満点、個人的には”Boz”で一番好きな、昇天必至の名曲です



”日本盤 12inch”の「Special Disco Version」でお聴き下さい




オハイオで44年産まれ、アダルト・コンテンポラリーを代表するシンガー”Boz Scaggs ”、12歳の時に”Steve Miller”からギタ−を習い、以来盟友となる、共に進学した”Wisconsin大学”では”Ben Sidran”と共にJazzバンド「ア−デルス」を結成




65年には渡英して「Polydor Records」からヨ−ロッパでデビュ−、その後アメリカに戻り「Steve Miller Band」のデビュ−アルバムに参加




”Johnny Bristol”がプロデュ−スした74年のソロ6作目アルバム「Slow Dancer」が”RIAA・ゴ−ルド認定”されシ−ンに浮上




”David Paich”、”Jeff Porcaro”など「Toto」を結成するメンバ−達をバックに76年、AORの金字塔たるアルバム「Silk Degrees」を発表、”全米チャ−ト・第2位”に輝き、全米チャ−トに「115週」もの長きにランキング、500万枚以上のセ−ルスで「RIAA・5×プラチナム」認定されるモンスタ−ヒットを記録



最新作は2015年「A Fool to Care」まで19枚の高品質なアルバムをリリ−ス、「アダルト・コンテンポラリー・ミュージック」を代表する偉大なるミュ−ジシャンです




本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第1323弾

Boz Scaggs / Hard Times (Japan 12`Special Version) 77







アダルト・コンテンポラリーを代表する、偉大なるミュ−ジシャン”Boz Scaggs ”の77年作、”グラミー賞・最優秀・R&B楽曲賞”を受賞した、モンスタ−アルバム「Silk Degrees」に続き”Joe Wissert”がプロデュ−ス




バックには”Jeff Porcaro (Ds)”、”Scott Edwards (B)”、”Ray Parker, Jr.(G)”が大活躍、終盤には”Boz Scaggs”本人のギタ−ソロも・・・ヘビ−な味わいの名曲です




本日ご紹介するのは、日本で企画された「Best 4 You」シリ−ズの”12inch シングル”です。本国盤を凌駕する、素晴らしい音質にアレンジされています











”Jeff Porcaro (Ds)”と”Scott Edwards (B)”のヘビ−なリズム隊に”Boz Scaggs”の哀愁感満点のボ−カル・・たまりません
Boz Scaggs - Hard Times









全米チャ−トにおいて「115週」もの長きにランキング、500万枚以上のセ−ルスで「RIAA・5×プラチナム」を獲得、”グラミー賞・最優秀R&B楽曲賞”を受賞した、76年のモンスタ−アルバム「Silk Degrees」









翌77年にリリ−スされたアルバムが「Down Two Then Left」


前作同様、バックには ”Jeff Porcaro (Ds)”,”David Hungate (B)”,”Scott Edwards (B)”,”Michael Omartian (Key)”,”Ray Parker Jr.(G)”,”Steve Lukather (G)”,”Jay Graydon(G)”,”Ernie Watts (Sax)”など・・・西海岸の精鋭が集結しています












本日はアルバムから2曲、お聴きください



キャッチ-なメロディの華やかな人気曲です
Boz Scaggs - Hollywood









ファンキ−でメロ−な音楽観はたまりません
Boz Scaggs - Still Falling For You









個人的には”Boz Scaggs”で、一番好きなアルバムです。アルバムは全曲素晴らしい出来です。また機会を作って他の曲もご紹介したいと思います




”Boz Scaggs”は「Lowdown」,「Simon」,「Jojo」を、全て”貴重な12inch”で記事にしています。こちらのリンクから是非お楽しみください
Boz Scaggs / What Can I Say ? (UK 12`Special Disco Version) 76
http://yaplog.dj-aki.net/archive/1213








本日は”Boz Scaggs”の77年作、「Hard Times」を”Japan 12inch”の「Special Version」でお聴きください





「AOR・カテゴリ−」には現在、”42エントリ−”しています。是非お立ち寄り下さいね
http://yaplog.dj-aki.net/category_7/



http://yaplog.dj-aki.net/category_7/

本日もブログにご訪問いただきありがとうございました
Enjoy !! DJ AKI

The Armed Gang / All I Want (US 12`Special Long Version) 82

February 15 [Fri], 2019, 19:00
本日は「イタリアン・プログレ界・最高峰」のギタ−奏者”Maurizio Sangineto Sangy”が作った、イタリア産・ディスコ音楽「Itaro」です



貴重な”US盤 12inch”の「Special Long Version」でお聴きください




ルネサンス期の優れた建築家”アンドレーア・パッラーディオ”が手がけた、美しい町並みで知られる、イタリア北部にある世界遺産の都市「ヴィチェンツァ(Vicenza)」




その世界遺産の都市に”アメリカ陸軍 第173空挺旅団”の「米軍・ヴィチェンツァ基地」があります




イタリア産・ディスコ音楽「Itaro」の重要グル−プを数多く手がけた、大物レジェンド・プロデュ−サ−、ギタ−、ベ−ス奏者”Maurizio Sangineto Sangy”は「ヴィチェンツァ(Vicenza)」で生まれます




78年、”Sangi”名義でアルバム「Steps」をリリ−ス、”イタリアン・プログレ”、”イタリアン・ジャズ・ロック”の「隠れた最高傑作」とされるほどの、素晴らしい内容でデビュ−




その後は、「ディスコマ−ケットを意識した音創り」に音楽性を転向、80年にはグル−プ「Firefly」を結成、81年にはシングル「Love Is (Gonna Be On Your Side)」がワ−ルドヒットします



82年には、地元・ヴィチェンツァの「米軍基地」に勤務する米国黒人歌手”Joe Bunch”, ”Kenny Claiborne”、”James Otis White Jr.”を集めて「The Armed Gang」を結成してプロデュ−ス




80年代から90年代にかけて「Passengers」、「Amanda Lear」、「The Creatures」、「Valery Allington」など多数の「Itaro」音楽のプロデュ−スを手がた、イタリア音楽界の「レジェンド・プロデュ−サ−」です



本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第1322弾


The Armed Gang / All I Want (US 12`Special Long Version) 82








イタリア産ディスコ音楽「Itaro」、最高峰のレジェンド・プロデュ−サ−”Maurizio Sangineto Sangy”が、イタリア・ヴィチェンツァの「米軍基地」に勤務する、米国黒人歌手を集めて結成した「The Armed Gang」




”イタリアン・プログレ”の「隠れた最高傑作」、”Sangi”名義のアルバム「Steps」でデビュ−した”Maurizio Sangineto Sangy (G)”の優れた音楽性が、ディスコ音楽にも反映されます




この曲はアルバムに収録されず、”12inch”だけでの貴重なリリ−スです。ダンスフロア−を意識した「Special Long Version」としてプロユ−スにアレンジされています











シンセベ−スの重いイントロ、印象的な”Sangy”のギタ−、コ−ラスもばっちり決まった「Itaro」至宝の名曲です
The Armed Gang - All I Want









カップリングB面です












スリリングな演奏が楽しめるインストバ−ジョン、かっこいい音です
The Armed Gang - All I Want (Instrumental)










”Maurizio Sangineto Sangy”は、83年に「アメリカ軍基地」に勤務する、男性黒人歌手”Kenny Claiborne”をフュ−チャ−して、アルバム「Kenny Claiborne And The Armed Gang」をリリ−スします











アルバムは”ブギ−コレクタ−”が探し回る、メガレアなコレクション・アイテムです。こちらはまたの機会にご紹介します







本日は”Maurizio Sangineto Sangy”の原点である”イタリアン・プログレ”、”イタリアン・ジャズ・ロック”の「隠れた最高傑作」”Sangi”名義の78年作、アルバム「Steps」からお聴きください









イントロから魅了される、”イタリアン・ジャズ・ロック”の「隠れた最高傑作」です
Sangi - Steps










ム−ド溢れるジャズ・ファンクです
Sangi - Suoni Di Vita












**************************************************************




難解で複雑な音楽”プログレッシブ・ロック界”の中でも「イタリア」は、卓越したテクニックを持つア−ティストが多く、非常に注目される存在でした




80年代、イタリアのディスコ音楽「Itaro」を創造、引っ張っていったのは・・・・・・




実は”イタリアンプログレ界”のテクニシャン達が先導していった事実は、殆どの方が知らないことです




一見、単調でポップな「ディスコ音楽」を、難解で複雑な「プログレ・ミュ−ジシャン」が味付けしたところが、イタリアのディスコ音楽「Itaro」の特徴です




こちらは、”Keith Emerson”, ”Brian Auger”, ”Rick Wakeman”に並び称される「プログレッシブ・ロック界」の鬼才鍵盤奏者”Claudio Simonetti”が作り上げた「ディスコ音楽」です。是非お聴きになってみてください
Claudio Simonetti / I Love The Piano (UK 12`Special Disco Version)
http://yaplog.dj-aki.net/archive/206












****************************************************





本日は「The Armed Gang」の82年作、「All I Want」を”US盤 12inch”の「Special Long Version」でお楽しみください





「Boogie Itaro UK Funk」カテゴリ−作りました。現在25エントリ−です。こちらもよろしくお願いします
http://yaplog.dj-aki.net/category_100/



http://yaplog.dj-aki.net/category_100/

本日もブログにご訪問いただきありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI

Melba Moore / Take My Love (US Promo 12`Special Disco Version) 81

February 13 [Wed], 2019, 19:45
本日はブルックリン出身の”Kashif”と、ニュ−ヨ−クの華麗な歌姫”Melba Moore”の素敵なコラボレーションです


貴重な”非売品 US盤 Promo 12inch”の「Special Long Version」でお楽しみ下さい





ニューヨークで45年に生まれた歌手、ミュ−ジカル俳優の”Melba Moore”、68年にミュージカル「ヘア−」で主役に抜擢、「Purlie」では”トニー賞”を受賞、70年代には、「映画女優」としても大活躍した、多才な女性です




シンガ−としては71年にデビュ−、同年「グラミー賞・Best New Artist」にノミネートされた実力者



76年には、”Van McCoy”にプロデュ−スされた「This Is It」が”全米・ダンスチャ−ト・2位”に輝き、シンガ−としても成功を収めます




80年代は、夫の”Charles Huggins”と「ニュ−ヨ−クサウンド」を代表する「Hush Productions」を設立。その「Hushの顔」として、86年”Freddie Jackson”との「A Little Bit More」や「Falling」では”全米・R&Bチャ−ト・第1位”を獲得、黄金期を迎えていきます



最新作は2009年「The Gift Of Love」まで23枚のアルバムをリリ−ス、”全米チャ−ト・30位以内”に「27曲」も送り込むなど、ヒットメ−カとして大活躍しています




本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第1321弾

Melba Moore / Take My Love (US Promo 12`Special Disco Version) 81







華麗なる、生粋のニュ−ヨ−ク・レディ−”Melba Moore”の81年作、ブルックリン出身の”Kashif”が作曲とプロデュ−スを行った、硬質でモダンなニュ−ヨ−ク・サウンドの名曲です



76年「This Is It」以来、久しぶりに”全米ダンスチャ−ト”で「Top10・入り」した、”Hush Productions”として記念すべき作品



本国アメリカでの「12inchカット」はプロモ−ション用として配布された「非売品 US盤 Promo 12inch」だけでした。ダンスフロア−を意識して高音圧でワイドレンジな「Special Disco Version」としてプロユ−スにアレンジされています









懐かしいTV番組「Solid Gold」映像です
Melba Moore - Take My Love








”Kashif”が作曲とプロデュ−スを行った、至宝のニュ−ヨ−クサウンドです
Melba Moore - Take My Love 








”Melba Moore”の最高傑作との呼び名も高い、81年作、11作目のアルバム「What A Woman Needs」から2曲お聴きください







ア−バンでメロウなダンサ−、素敵です
Melba Moore Your Sweet Lovin'









「McFadden & Whitehead」がアレンジで参加、モダンなアーバン・ソウルです
Melba Moore - Piece Of The Rock









本日は”Melba Moore”の81年作、「Let's Stand Together」を”非売品 US盤 Promo 12inch”の「Special Disco Version」でお楽しみください





「Melba Moore」カテゴリ−は現在7エントリ−です。こちらも宜しくお願いします
http://yaplog.dj-aki.net/category_80/







http://yaplog.dj-aki.net/category_80/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI

Herbie Hancock / Stars in Your Eyes (US 12`Special Long Remix) 80

February 11 [Mon], 2019, 19:53
本日は時代の革新者”Herbie Hancock”の80年作、”Ray Parker Jr.”と”Gavin Christopher”をフュ−チャ−した「極上モダン・メロウ・ブギー」です


アルバムとは異なる、貴重な”US盤 12inch”だけの「Special Long Remix」でお楽しみ下さい
(リクエストにより、書き直し再掲載です)



シカゴで40年に生まれた、ジャズ・ピアノ奏者、鍵盤奏者、作曲家、常に時代の最先端を創造する偉大な音楽家”Herbie Hancock ”



7歳でピアノを始め、わずか11歳にして「シカゴ交響楽団」と共演、という逸話を持つ天才、「名門・グリネル大学」では、音楽と電気工学を専攻、音楽と電子工学の両分野で「博士号」を取得した、博学家の音楽エリ−トです



20歳の60年、”Donald Byrd”に見いだされプロデビュ−、63年から68年は「Miles Davis Quintet」に大抜擢という栄誉で活躍します



ソロとしては62年「Watermelon Man」が大ヒット、「ブルーノート・新主流派」として注目、72年には「Head Hunters」が爆発的セ−ルスを記録、大きな名声を獲得、その後の83年「Future Shock」では”ヒップ・ホップ”を大胆にも導入



”ジャズの第一人者”であり、スタンダ−ドのみならず、Fusion、Jazz Funk、Disco、Rapなど・・・・・常に「最先端の音楽シ−ン」にチャレンジし、「賛否両論の波紋」を巻き起こす、”パイオニア”として燦然と君臨します



83年「Rock It」から、2011年まで、”14回に及ぶ「グラミー受賞歴」”を誇り、2011年に「ユネスコ親善大使」に就任した偉大なミュ−ジシャンです




本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ第1320弾

Herbie Hancock / Stars in Your Eyes (US 12`Special Long Remix) 80







正統派ジャズの「ブルーノート・新主流派」から、常に時代の最先端な音楽を追究する、音楽界のパイオニア”Herbie Hancock”の80年作



ギタ−には”Ray Parker Jr.”、また雰囲気満点のヴァ−カルは「Once You Get Started」、「Dance Wit Me」など ”Chaka Khan”が在籍した初期”Rufus”のヒット曲をたくさん作曲した”Gavin Christopher”をフュ−チャ−



ア−バンでお洒落な空気感満点のメロウ・ダンス・ブギ−の名曲です



貴重な”US盤 12inch”です。アルバム「7分4秒」から「11分21秒」に”妖しい空気感を増大させた”素晴らしいリミックスの「Special Long Remix」としてプロユ−スにアレンジされています










ア−バンでお洒落な空気感満点。11分21秒の「Special Disco Remix」です
Herbie Hancock / Stars in Your Eyes (US 12`Special Disco Remix)







カップリングB面です









リ−ドボ−カルに70年代初期から「Jazz・Soul界」で活躍する”Oren Waters”を起用しています





疾走するグル−ブ感が心地良いFUNKです、
Herbie Hancock / Go For It







本日は”Herbie Hancock”の80年作、「Stars in Your Eyes」をUS盤 12inchの「Special Disco Remix」でお楽しみ下さい





Herbie Hancockカテゴリ−を作りました。現在8エントリ−です。こちらも宜しくお願いします
http://yaplog.dj-aki.net/category_33/



http://yaplog.dj-aki.net/category_33/






「Instagram」です。
https://www.instagram.com/disco_dj_aki/

FaceBookです
https://www.facebook.com/akihiro.yoshida.142
よろしければこちらも是非お願いします



本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

Sam Q´s Nightpatrol / Pele's Groove (UK 12`Special Version) 2019

February 08 [Fri], 2019, 18:47
本日は大推薦曲、セレブリティ−溢れた大人のための「ダンス音楽」、最新の「Acid Jazz」



現在「英国・ロンドンのナイトクラブ」にて、大爆発、大ブレ−ク、発売は2月末、ピカピカの新曲です



プロDJ・ユ−スに「世界・限定300枚・リリ−ス」、世界の最新ム−ブメントを・・・本物のロンドンナイトを・・・・・いち早く体験してください





友人”Sam Qureshi”から日本の音楽ファンにメッセ−ジです
Sam Q / Pele's Groove (Voice Message From Sam Qureshi)









英国の伝説的サックス奏者”Sam Qureshi”、63年にパキスタンで生まれ、両親とともにイギリス・バ−ミンガムに渡英します




少年時代、レゲエグル−プ「UB40」に影響を受け、サックスを志し、”Charlie Parker”と”John Coltrane”のレコ−ドで音を勉強します




80年代半ば、60年代の「Blue Note Jazzスタイル」のバンド「The Cavemen」を結成、ロンドンの名門ジャズ・クラブ「Ronnie Scotts Jazz Club」に出演




「BBC Radio 6」の人気DJ「Giles Peterson」の番組でもライブをオンエア−、ロンドンで大成功を収めます




その後は「The Smith」の”Joe Moss”と”John Lennon”のマネ−ジャ−”Bruce Replogle”からマネージメントを受け、マンチェスタ−に移動




本場ブラジルの「Grooveland Music」から、ソロアルバム「Samba of Love」を手始めに、6枚のソロアルバムをリリ−ス、「Brazilian Bossa Nova」のスペシャリストとして活動しています





本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第1319弾


Sam Q´s Nightpatrol / Pele's Groove (UK 12`Special Version) 2019








ロンドンの名門ジャズ・クラブ「Ronnie Scotts Jazz Club」に出演、「英国・BBC・Radio 6」の人気DJ「Giles Peterson」の番組ライブのオンエア−で、華々しいデビュ−をした、サックス奏者”Sam Qureshi”




まさに、ロンドンの最高級ナイトクラブで踊る、セレブリティ−溢れた大人のための「ダンス音楽」、今ロンドンで最もホットなサウンドです




今回は友人”Sam Qureshi”から、貴重な「世界・限定300枚・リリ−ス」の12inchを、2月末の予約リリ−ス前に、無償で空輸にて提供を受け、ブログ記事にしました








”Sam Qureshi"から曲の説明です


a dancefloor hit in the UK..The Mods as you see in the video have made this their anthem...




ロンドンの最高級ナイトクラブで踊る、セレブリティ−溢れた大人のための「ダンス音楽」、今ロンドンで最もホットなサウンドです
Sam Q´s Nightpatrol - Pele's Groove









イギリスでの「Sam Q´s Nightpatrol / Pele's Groove」紹介記事から抜粋します



Legendary Sax player and Composer of Latin Music SAM QURESHI has recorded this new Vinyl EP of unique Bossa Nova and Samba grooves… Produced by Abbey Room/Strong Rooms Dave Pemberton.



’Sam Q’s Nightpatrol are The Beatles of Bossa Nova’’ Bruce Replogle US Manager/Publicist of John Lennon



SAM Q’s Nightpatrol based in Manchester have been rocking audiences in the UK and their aura has reached worldwide..










Sam Q has played at Ronnie Scotts, Bass Clef and Jazz Cafe to name a few working alongside Giles Peterson in the 80s to help establish the London Jazz Dance Scene with the cult ‘’The Cavemen’’



Sam Q’s songwriting abilities have captured both musicians and Industry Officials on a global level.. Sam Q’s album ‘’Samba of Love’’ signed to Brazillian label Grooveland Music with the follow up ‘’Love Spring Fountains’’ featuring Gibi Dossantos of Sergio Mendes.. a further 2 tracks featured on Mo Jazz 2 Compilation on Acid Jazz Records …








Prior to his death some years back the Legendary President/Guru of Blue Note Records in NYC Bruce Lundvall contacted Sam Qureshi to express a interest in his great Jazz /Bossa Nova sound phoning Guy Hayden at the London Office to arrange a meeting..



Verve Guru Scott Morin said about his sound ‘’ interesting concept both as a songwriter and saxophone player’’ - Londons owner of ‘’Straight No Chaser’’ Magazine Paul Bradshaw ‘’Exporting Bossa Nova from Manchester to Brazil’








録音デ−タ−です

The album was recorded in Manchester UK at MCC Studios and production by Abbey Road Dave Pemberton.

”Sam Qureshi”composed all the songs

Saxophone.. Sam Qureshi

Guitar...Alan Stander

Nylon guitar..Jon Mambo/

Bass..Mike Crumpton

Vocals.. Irene Ermillio

Percussion...Steve Stradling..

Drummer is Chris Gravestock

Orchestra is Not Quite Big Band..

Arrangements by Billy Magno














”Sam Qureshi"から曲の説明です


this song is arranged in a classic Antonio Carlos Jobim style of the late 1950s...The jazz style vocals coupled with the infections Brazilian rhythms make this a very powerful track..



この曲は日本でとても受けるのではないかと思います。本当にお洒落です
Sam Q´s Nightpatrol - Secret Bossa Nova Club









インスト・バ−ジョンは”Sam Qureshi"のサックスが冴え渡ります
Sam Q secret bossa (Sax version)








レコ−ドのデ−タ−はこちらです。発売は2月末「世界・限定300枚・リリ−ス」なので、お見逃しなく・・・
https://www.discogs.com/ja/ja/release/13165735










本日は「Sam Q´s Nightpatrol」の2019年作、「Pele's Groove」を”UK盤 12inch”の「Special Version」でお楽しみください






過去の「メモリアル記事」のリンクです。ア−ティストの皆さんから「メッセ−ジ」をいただき、選りすぐりの名曲を取り上げていますので是非ご覧ください
http://yaplog.dj-aki.net/category_79/



http://yaplog.dj-aki.net/category_79/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI



Produced by Yukarythem
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:DJ AKI
  • アイコン画像 誕生日:1961年
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
免責事項
当サイトは自己所有のレコ−ドの紹介でyoutube等の共有サイトにある動画へのURLを私的利用の目的でまとめているサイトです。 アップロード等、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。
動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト管理者に責任は及ばないものとします。 万が一著作権に問題がある場合、不適切な動画やページがありましたら、各ページのコメントでお知らせいただければ削除などの対処をさせていただきます。
2019年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像disco dj AKI
» Bobby Nunn / Cherry Pie (Fra 12` Extended Mix) 81 (2019年02月01日)
アイコン画像オリジナル主義
» Bobby Nunn / Cherry Pie (Fra 12` Extended Mix) 81 (2019年02月01日)
アイコン画像copa_papa
» DJ AKI Live 1984 (Disco Maggi Osaka)  (2018年12月22日)
アイコン画像Wesley ‘Pike’ Hall, jr.
» Pike (I met in N.Y.) (2018年11月26日)
アイコン画像Wesley ‘Pike’ Hall, jr.
» Pike Story (Transformed from The Banker of J.P. Morgan Chase Bank to The Musician) (2018年11月26日)
アイコン画像Dee Jackson Field
» Aurra / Are You Single (US 12`Special Disco Version) 81 (2018年08月21日)
アイコン画像Dee Jackson Field
» Aurra / Are You Single (US 12`Special Disco Version) 81 (2018年08月21日)
http://yaplog.dj-aki.net/index1_0.rdf

にほんブログ村
にほんブログ村