Vernon Burch / Never Can Find The Way (US Promo 12`Special Disco Version) 79

May 28 [Sun], 2017, 21:15
本日は「The Delfonics」、「Bar-Kay」で活躍した”Vernon Burch”の79年作、「キング・オブ・グルーブ」として名高い伝説のドラム奏者”James Gadson”プロデュ−スの怒濤のFUNKナンバ−を非売品US盤 Promo 12inchの「Special Disco Version」でお楽しみ下さい


57年、Washington, D.C.生まれのギタ−奏者、歌手「Vernon Burch」、70年、僅か13歳にして「The Delfonics」のバックでプロとしてデビュ−。70年代初期は「Bar-Kay」に4年間在籍、活躍します

ソロとして75年、セルフプロデュ−スでアルバム「I'll Be Your Sunshine」をリリ−スしてソロデビュ−、シングル「Changes (Messin' With My Mind) 」は全米R&Bチャ−ト20位にランクイン、素晴らしい作曲能力とヴァ−カルで「Stevie Wonderファロア−」としての地位を固め、人気を博しました。

60年代から”Ray Charles”、”Marvin Gaye”、”Isley Brothers”、”Michael Jackson”などの数えきれない「歴史的名盤」にリズムを吹き込み「グルーブ・マスター」「キング・オブ・グルーブ」として名高い伝説のドラム奏者”James Gadson”がプロデュ−スを担当、

「Stevie Wonderファロア−のソウル音楽」から「リズム強化のFUNK路線」に変更、名盤中の名盤アルバム「Get Up」が完成します。アルバムとしては75年からソウルアルバムを3枚、80年からFUNKアルバムを3枚の合計6枚リリ−ス、ファンを魅了しました


本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第887弾

Vernon Burch / Never Can Find The Way (US Promo 12`Special Disco Version) 79




「The Delfonics」、「Bar-Kay」で活躍した”Vernon Burch”の79年作、前作までの「Stevie Wonderファロア−」としてのソウルシンガ−から一転、豪快FUNKナンバ−です

モ−タウンの黄金期を支え「グルーブ・マスター」「キング・オブ・グルーブ」として名高い伝説のドラム奏者”James Gadson”がプロデュ−スを担当、”Cheryl Lynn”、78年のメガヒット曲「Got To Be Real」のリズム隊を支えた”David Shields (B)”、”James Gadson (Drms)”が鉄壁のリズム隊でサポ−ト、古巣「Bar-Kay」を凌駕するFUNKナンバ−が完成しました

12inchカットはプロモ−ション用として関係者に配布された非売品US盤 Promo 12inchだけです。ダンスフロア−を意識した「Special Disco Version」としてプロユ−スなアレンジがされています、B面収録「Dr. Do It Good 」はLPとは異なる「Special Long Version」ですからお聞き逃しのないように




懐かしいソウルトレイン映像です
Vernon Burch - never can find a way (SoulTrain) - 1979



「James Gadson」流儀の疾走感溢れるリズムの豪快Funkです
Vernon Burch - Never Can Find Away ( Hot Love )



カップリングB面です





「Dr. Do It Good 」はLP3分40秒から6分59秒にダンスフロア−を意識した「Special Long Version」としてプロユ−スにアレンジがなされています

とてもSEXYなFUNKナンバ−は6分59秒のSpecial Long Versionです
Vernon Burch - Dr. Do It Good (Special Long Version)




前作までの「Stevie Wonderファロア−」の空気感満点のメロウダンサ−です
Vernon Burch - For You


本日は”Vernon Burch”の 「Never Can Find Away」を非売品 US盤 Promo 12inchの「Special Disco Version」でお楽しみ下さい

FUNKカテゴリ-は現在106タイトルをエントリ−しています。是非よろしくお願いいたします
http://yaplog.dj-aki.net/category_12/











http://yaplog.dj-aki.net/category_12/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

Sylvia presents Brand New Funk '78 / Brand New Funk

May 27 [Sat], 2017, 21:52
本日は”Boz Scaggs”の名曲「Lowdoun」のカバ−です「ヒップホップの母」の異名を持つ女帝”Sylvia Robinson”が手掛け、ブラックミュ−ジック界屈指の超絶技巧派ミュ−ジシャン達がゴ−ジャスにカバ−した超絶演奏を堪能して下さい


「Sugarhill Records」の女帝となるエロ姉御「ヒップホップの母」の異名を持つ”Sylvia Robinson”が手掛けたワンタイムプロジェクト「Brand New Funk」

メンバ−は”Cecil Powell (Drs)”, ”Craig Derry (Per,Vo)”, ”Doug Wimbish (B)”, ”Hubert Powell (Key)”, ”Seldon Powell (Sax)”, ”Skip McDonald (G)”というブラックミュ−ジック界屈指の超技巧派ミュ−ジシャンを集めた6人組FUNKグル−プです

「FUNK」をテーマに”Sylvia Robinsonが陣頭指揮を執り78年に至宝の名作アルバム1枚をリリ−ス。メンバ−はその後のHIP HIPシ−ンを始めとするブラックミュ−ジック界においての重要人物となっていきます。

本日の救出品 LP
皆さん大好きシリ−ズ 第886弾

Sylvia presents Brand New Funk '78 / Brand New Funk



「Sugarhill Records」の女帝となる「エロ姉御」、「ヒップホップの母」の異名を持つ女帝”Sylvia Robinson”肝いりの「FUNK」をテーマに創造された78年の名作アルバムはNew Jersey産の豪快FUNKが目白押し

87年には「黒いツェッペリン」と形容された「Living Colour」の2代目ベーシストとなる技巧派、凄腕ベ−ス奏者”Doug Wimbish”

”Doug Wimbish”と共に「Sugarhill Gang Band」のギタ−を担当する”Skip McDonald”など超技巧派が巻き起こす超絶のGROOVEです

このアルバムの目玉は”Boz Scaggs”の名曲「Lowdoun」名曲カバ−です。”Doug Wimbish”のSlap Bassがうねりまくる正真正銘の「FUNK」です



「Boz Scaggs」の名曲を究極のFUNKで豪快カバ−しました
Brand New Funk - Lowdown (Pt.1)




1950年から東海岸で活躍するJazz界の大ベテラン”Seldon Powell”のSAXで「Vocalパート」を吹き直したインストヴァ−ジョン、強力です!!
Brand New Funk - Lowdown (Part 2)








アルバムはインストヴァ−ジョンがとても素晴らしい出来映えです

奇才トラックメーカーMadlibがYoungbloodでサンプリングしたBASSの効いた絶品FUNKインストです
Brand New Funk - Interlude




ム−ド満点、真夜中に聴きたいセクシ−なFUNKインストです
Brand New Funk - Tastee



本日は「Sylvia presents Brand New Funk '78」を御堪能下さいね

FUNKカテゴリ-は現在106タイトルをエントリ−しています。是非よろしくお願いいたします
http://yaplog.dj-aki.net/category_12/











http://yaplog.dj-aki.net/category_12/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

Dazz Band / Joystick (US 12` Special Long Version) 83

May 26 [Fri], 2017, 19:22
本日は「MOTOWNにおける実力NO.1ファンク・グループ」の称号を持つ「Dazz Band」の豪快Electric FunkをUS盤 12inchの「Special Long Version」でお聴き下さい

オハイオ州 クリーブランドで”Bobby HarrisJazz (Sax)”を中心にしたJazz・Fusionバンド「Bell Telefunk」が物語の始まり、76年、”Kenny Pettus (Lead Vo)" "Isaac (Drus) とMichael Wiley (B)の Wiley兄弟", "Michael Calhoun (G)" などのメンバ−で「Kinsman Dazz」を結成

当初”Marvin Gaye”のプロデュ−スでデビュ−の予定が「EW&F」の”Philip Bailey”の変更、ジャズ出身らしい洒落た感覚のFUNKアルバムを2作リリ−スします。因みにダンサブルジャズ(Dan-ceable Jazz)を略語として「Dazz」にしています

80年、”Bobby Harris (Sax)”、 ”Sennie "Skip" Martin (Trumpet)"、"Donny Sykes(Vo)"の3人のメンバ−で名門「Motown」と契約、「The Dazz Band」に変名、82年「Let It Whip」が全米R&Bチャ−トで第一位を獲得し人気がブレ−ク

アルバムは80年デビュ−から2001年までに14枚をリリ−ス、82年には「グラミ−賞最優秀R&Bパフォーマンス賞」を獲得するなど、80年代はElectro Funkの旗手として活躍、2015年には日本公演も行うなど現在でも世界中で精力的にライブ活動を行っています

本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第885弾

Dazz Band / Joystick (US 12` Special Long Version) 83



ダンサブルジャズ(Dan-ceable Jazz)の略語「Dazz」がグル−プ名の由来、オハイオ州エリー湖に接する「クリーブランド」から、78年「Kinsman Dazz」を起点にすると、7枚目となる83年リリ−ス、全米R&Bチャ−ト12位にランクインした名作アルバム「Joystick」からのシングルカット

全米R&Bチャ−ト9位にランクインしたファーストシングルは大ベテラングル−プのプライドを感じるグル−ブ感覚満点の「Electro Funk」です

US盤12inchはダンスホ−ル対応にLP5分20秒から6分13秒へイントロから異なるワイドレンジで高音質の「Special Long Version」としてプロユ−スにアレンジされています




懐かしいソウルトレイン映像です
Dazz Band - Joystick (Soul Train)




6分13秒へイントロから異なる6分13秒「Special Long Version」です
Dazz Band - Joystick (12inch Long Version)




本日は全米R&Bチャ−ト12位にランクインした名作アルバム「Joystick」から2曲お聴き下さい






'80s Funkの魅力満載です
Dazz Band - To The Roof



極上なメロウナンバ−です
Dazz Band - Now That I Have You



”Dazz Band”は以前に「On The One」をUK盤 12inchの「Special Long Version」でご紹介しています
http://yaplog.dj-aki.net/archive/741



本日は”Dazz Band”の「Joystick」をUS盤 12inchの「Special Long Version」でお楽しみ下さい

「Motown」カテゴリ−作りました。現在25エントリ−です。是非ご覧になって下さい
http://yaplog.dj-aki.net/category_74/















http://yaplog.dj-aki.net/category_74//

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

Marvin Gaye / Right On (UK 12`Limited Edition Special Disco Version) 71

May 25 [Thu], 2017, 19:14
本日は”Marvin Gaye”の71年作、ドラマティックな展開の不朽の名曲をUK盤 12inchの「Limited Edition」でお聴き下さい


ワシントンDCで38年に産まれた「Marvin Gaye」、幼少の頃、ペンテコステ派(聖霊派)の説教師であった父”マーヴィン・シニア”の厳格で躾の範囲を越えた「精神的虐待」が音楽のきっかけで人生にトラウマとして遺ることとなる

「Motown Records」創業者”Berry Gordy, Jr”に才能を見出され、61年にデビュ−、60年中期”Tammi Terrell”とのデュエットでたくさんの名曲をリリ−ス、71年にリリ−スした「What's Going On」は同世代に活躍した黒人ミュージシャンに大きな影響を与え「New Soul」の旗手としての地位を明確にする

全米チャ−トトップ10に送り込んだアルバムは9枚、シングル21枚と幾多のメガヒットを生み、米音楽専門誌「ローリング・ストーン誌」が選ぶ「歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第6位に選ばれています。

84年4月1日、自宅で両親の喧嘩を仲裁した際に父”マーヴィン・シニア”が拳銃を発砲し死亡、享年45歳でした

本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第884弾

Marvin Gaye / Right On (UK 12`Limited Edition Special Disco Version) 71



”Marvin Gaye”の71年作、反戦曲「What's Going on」を筆頭に社会的問題を深く唄った名作アルバムは全米ポップ・アルバム・チャート6位、R&Bアルバム・チャートでは9週連続1位に輝き、米音楽誌「ローリング・ストーン誌の選ぶオールタイム・ベストアルバム500」では6位(アフリカ系アメリカ人ミュージシャンの作品の中では最上位)にランクインした史上最高のソウルアルバムに収録

プエルトリコ出身のパ−カション奏者”Earl DeRouen”と共作、曲は「7分20秒」とアルバム中一番長い曲です。中盤からスロ−ペ−スになったりドラマティックで素晴らしい展開の至宝の名曲です

12inchカットはUK盤だけでした。ダンスフロア−を意識してワイドレンジで高音圧な「Special limited Edition」としてプロユ−スなアレンジがされています




7分20秒、素晴らしい展開を堪能して下さい
Marvin Gaye - Right On





ギタ−が”Carlos Santana”、歌うは”Larry Graham”、豪華なカバ−は92年のライブです
Carlos Santana with Larry Graham - Right On




”Marvin Gaye”は以前に「I Want You」と「After The Dance」を記事にしています
http://yaplog.dj-aki.net/archive/659




本日は”Marvin Gaye”の71年作、「Right On」をUK盤 12inchの「Limited Edition Special Disco Version」でお楽しみ下さい


「Motown」カテゴリ−作りました。現在23エントリ−です。是非ご覧になって下さい
http://yaplog.dj-aki.net/category_74/















http://yaplog.dj-aki.net/category_74//

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

Ingram / Mi Sabrina Tequana (My Sister's Daughter) 77 (UK 12`Special Disco Version)

May 24 [Wed], 2017, 20:05
Thank you for the great song, Mr. Butch Ingram

「Ingram」ファミリ−の音楽的支柱である"Butch Ingram”さんから私のブログを読む日本のファンに向けてメッセ−ジをいただきました。最高の名曲をメッセ−ジと共にお楽しみ下さい.

"Thank You for all of your support of my work, I hope my son and my daughter get the same love”



本日はフィラデルフィア産ファミリ−グル−プ「Ingram」の77年作、9分に及ぶ壮大なドラマの極上Jazz Funkグル−ブを貴重なUK盤 12inchの「Special Disco Version」でお聴きください


ニュ−ジャ−ジ生まれ、フィラデルフィア産のファミリ−グル−プ「Ingram」、メンバ−は”Butch(B,Tp)”、”Jimmy(Vo,Key,Sax)”、”Billy(G)”、”Johnny(Ds)”、”Timmy(Congas,Tp)”の5人兄弟と紅一点女性ヴァ−カルである”Barbara(Vo)”の6人組

「The Ingram Kingdom」名義で76年にデビュ−、アルバムはメロウネスとファンクが包まれたヤング・ソウルの傑作として名高い名盤です。77年には「Ingram」名義でセカンドアルバム「That's All」をリリ−ス

79年には”Fat Larry's Band”と合流してディスコファンクグル−プ「Philly Cream」を結成、フィラデルフィア出身の彼らは、ハイクラスなディスコ傑作曲 "Motown Review"と "No Time Like Now"のヒットを生み出し、2枚のアルバムをリリースします

「Ingram」名義では83年と84年の合計4枚のアルバムをリリ−ス。女性ヴォ−カルの”Barbara”が46歳で急遽する94年までライブ活動などで活躍していました。「Ingram」ファミリ−の音楽的支柱である”Butch Ingram"は作曲家、プロデュ−サ−として”Blue Magic””Ronnie Dyson””Barbara Mason”などを手掛け大活躍します


本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第883弾

Ingram / Mi Sabrina Tequana (My Sister's Daughter) 77 (UK 12`Special Disco Version)



フィラデルフィア産、6人組ファミリ−グル−プ「Ingram」の77年名作アルバム「That's All」収録の人気曲

幻想的なメロディ−と目眩く煌びやかに移ろう荘厳なドラマは9分という長さを微塵も感じさせない完璧な曲構成のJazz Funkです。メンバ−の演奏技術の高さは特筆モノです

12inchカットは94年に英 「Expansion」からリリ−スされたUK盤 12inchだけです。プレスミスで5分29秒ですが9分10秒のフルレンジでダンスフロア−対応の「Special Disco Version」としてプロユ−スにアレンジされています



音響の良いダンスフロア−踊りたい、「9分10秒」荘厳なドラマです
Ingram - Mi Sabrina Tequana (My Sister's Daughter)




「Ingram」ファミリ−の音楽的支柱である”Butch Ingram"は作曲家、プロデュ−サ−として80年代以降は”Blue Magic””Ronnie Dyson””Barbara Mason (Another Man)”をはじめ幅広いア−ティストを手掛け成功します。現在でも2011年には元「The Temptations」の”Glenn Leonard”や「TRU」などプロデュ−ス


また娘さんの”Bianca Ingram”は”Butch Ingram"プロデュ−ス、「Ingram」ファミリ−全員のバックアップという万全の体制でデビュ−、現在までにEPアルバム2枚と昨年イギリスのチャ−トで第5位に輝いたハウスのシングルもリリ−スしています






"Butch Ingram”の娘”Bianca Ingram”の最新作EP「Synthesis」から、現在アメリカのインタ−ナショナルチャ−ト9位にランクインしているセカンドシングルです
Bianca Ingram - What I Want





”Bianca Ingram ”ホ−ムペ−ジからはたくさんの新曲もリンクしています
Https://www.whoisbianca.com/


本日は「Ingram」の77年作、「Mi Sabrina Tequana (My Sister's Daughter)」をUK盤 12inchの「Special Disco Version」でお楽しみ下さい

Soulカテゴリ-は現在LPと12インチで70タイトルをエントリ−しています。こちらも是非よろしくお願いいたします
http://yaplog.dj-aki.net/category_14/















http://yaplog.dj-aki.net/category_14/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI

Kool and the Gang / Caribbean Festival (UK 12`Special Disco Version) 75

May 23 [Tue], 2017, 19:07
本日は高い音楽性と卓越した演奏技術が消化した「前期・Kool and the Gang」75年作、夏のカリビアンFUNKを貴重なUK盤 12inchの「Special Disco Version」でお聴き下さい

64年、New Jerseyにて"Robert Kool"(B)と"Ronald" (Key)のBell兄弟を中心にハイスクール仲間であるGeorge Brown (Drs)、Claydes Smith(G)、Dennis Thomas (Sax)、Rick West (Key)、Robert Mickens (Trumpet)の7人組で結成

当初はリード・ヴォーカルは置かずにJazz Funkを中心に演奏スタイルで69年にアルバム「Kool and the Gang (全米R&B43位)」でデビュ−。73年「Wild and Peaceful」が全米R&Bチャ−ト6位とRIAA認定ゴ−ルドディスクを獲得し、以降76年「Open Sesame」まで5枚のアルバムを全米R&Bチャ−トTop10に送り込み「前期Jazz Funk期」の全盛期を迎えます

グル−プの改革は79年、James "J.T." Taylorをリ−ドボ−カルに迎え、Deodatoプロデュ−スの元に作成された「Ladies' Night」は全米R&Bチャ−ト第1位とRIAA認定ダブルプラチナムを獲得し空前のブ−ムを巻き起こします、以降86年「Forever」までは全米R&Bチャ−トTop10とRIAA認定ゴ−ルドディスクを獲得しヒットメイカ−の地位を確立しました

J.T.などメンバ−の脱退、変遷はありますが2007年には11年振りになるアルバム「STILL KOOL」をリリ−ス、2014年にグループ結成50周年を迎え、2016年7月には新曲“Sexy"も発表、現在でも活躍するスーパー・ファンク・バンドです


本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第882弾

Kool and the Gang / Caribbean Festival (UK 12`Special Disco Version) 75




高い音楽性と演奏技術に裏打ちされたインスト主体の「JAZZ Funk」が中心の前期「Kool and the Gang」の75年、全米R&Bチャ−ト5位、Jazzチャ-ト12位に輝いた名作アルバム「Spirit of the Boogie」からシングルカット

9分26秒に及ぶインスト曲ながら「全米R&Bチャ−ト5位」にランクイン、67年にカナダのトロントで始まり、現在では200万を動員する北米最大のお祭り「Caribbean Festival」をテ−マにお祭り気分満載のカリビアンFUNKです

12inchカットはUK盤だけです。45回転の12inchはダンスフロア−を意識してワイドレンジで圧巻の高音質な「Special Disco Version」としてプロユ−スにアレンジされています




7inch収録の4分6秒「Disco Version」です
Kool & The Gang - Caribbean Festival (Disco Version)




9分26秒、素晴らしい演奏が堪能できます
Kool & The Gang - Caribbean Festival



本日は全米R&Bチャ−ト5位、Jazzチャ-ト12位に輝いた名作アルバム「Spirit of the Boogie」から2曲お聴き下さい



特に”James Taylor”参加後の「ブラコンPops期・Kool and the Gang」しか知らない方は、是非「前期・Jazz Funk期・Kool and the Gang」をじっくりと聞いていただきたいです。

「Earth Wind & Fire」もそうですが、このような高い音楽性と卓越した技術があるからこそ「売れ線のチャ−ト狙いのブラコンPOPS」を消化出来ると感じます




幾多のア−ティストにサンプリングされたFUNKの名曲です
Kool and the Gang - Jungle Jazz




爽やかなア−バン・メロウサウンドです
Kool and the Gang - Sunshine And Love




本日は「Kool and the Gang」の75年作、「Caribbean Festival」をUK盤 12inchの「Special Disco Version」でお楽しみ下さい

Kool and the Gang のカテゴリ−は現在11エントリ−です。是非お立寄り下さい
http://yaplog.dj-aki.net/category_30/









http://yaplog.dj-aki.net/category_30/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI

The B-52's / Mesopotamia (US Promo 12`Special Long Version) 82

May 22 [Mon], 2017, 19:14
本日は「Talking Heads」の”David Byrne”がプロデュ−スした夢の共演「The B-52`s」の独創的なエスニックリズムを追求したダンスサウンドを非売品 US盤 Promoの「Special Long Version」でお聴き下さい


ジョージア州で76年、結成された「The B-52's」、メンバ−は”Kate Pierson(Organ, Vo)”” Cindy Wilson(G,Vo)” ”Ricky Wilson (G)””Fred Schneider (key/Vol)””Keith Strickland (Drus)” の5人組NEW WAVEバンドです

78年にシングル「Rock Lobster」でインデュ−デビュ−、翌年アイランドレコ−ドと契約してデビュ−アルバム「The B-52's」をリリ−ス、女性ヴァ−カルのケイトとシンディの盛り上がった髪型、50'sスタイルの派手な衣装、そして奇妙奇天烈でひねりのあるサウンドが特徴で注目を浴びます

デビュ−アルバムはRIAAプラチナム、80年「Wild Planet」83年「Whammy!」はRIAAゴ−ルドディスク認定、85年 ”Ricky Wilson (G)”がエイズで急死のため2年間活動休止、89年、 Nile RodgersとDon Wasにプロデュ−スされたアルバム「Cosmic Thing」は全米4位と400万枚のセ−ルスで大ブレ−ク、シングル「Love Shack」と「Roam」も全米3位とメガヒットします

最新作は2013年のロンドン公演を収めたライブ盤まで11枚のアルバムをリリ−ス、現在もライブ活動を継続、本国アメリカでは大ホ−ルのメインアクトを務めるなど未だに現役で常に独自の境地で話題を創り上げています

本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ第881弾

The B-52's / Mesopotamia (US Promo 12`Special Long Version) 82



奇抜なヘア−スタイルとファッション、他に類を見ない奇想天外なサウンドのNEW WAVEバンド「The B-52's」の82年作

「Talking Heads」の”David Byrne”にプロデュ−スされ、82年オンタイムにおける高感度・最先端なエスニックリズムを追求した独創的なニューウェイブ・サウンドの至宝です

12inchカットは正式には行われず、プロモ−ション用としてディスコDJに配布された非売品 US盤 Promo 12inchだけです。アルバムヴァ−ジョンは徐々に音がフェ−ドインしてDJユ−スには使い難いですが、12inchはギタ−のブレ−クから始まりイントロから大きく異なるワイドレンジで高音質な「Special Long Version」としてプロユ−スにアレンジされています



オンタイム話題になった素晴らしいPVです
The B-52's - Mesopotamia




残念ながら12inchの「Special Long Version」はyoutubeにはありませんでした。こちらは「クラブディスコ」などで是非リクエストされてお聴きになられて下さい


82年に高感度で最先端なお洒落族に圧倒的支持を得た「Talking Heads」の”David Byrne”がプロデュ−スした夢の共演「The B-52`s」のミニLP「Mesopotamia」から2曲お聴き下さい






当時”David Byrne”が提唱したエスニックリズムを追求した独創的なニューウェイブ・サウンドの名曲です
The B-52's - Love Land




音処理が非常にユニ−クです、最初はヘンテコですがクセになります
The B-52's - Throw That Beat In The Garbage Can




非売品 US盤 Promo 12inchのB面に収録のダブ処理が素晴らしい名曲「Deep Sleep」は次回のお楽しみにして下さい

「The B-52's 」は以前に、衝撃のデビュ−シングル「Rock Lobster」を非売品 US盤 Promo 12inchの「Special Edit Version」で記事にしています
http://yaplog.dj-aki.net/archive/649

本日は「The B-52's」の82年作、”Mesopotamia”を非売品 US盤 Promo 12inchの「Special Long Version」でお楽しみ下さい



NEW WAVEカテゴリ−作りました。現在26タイトルです。是非お立寄り下さいね
http://yaplog.dj-aki.net/category_8/











http://yaplog.dj-aki.net/category_8/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI

Loose Joints / Is It All Over My Face (US 12`Female Vocal Larry Levan Remix) 80

May 21 [Sun], 2017, 17:23
本日はNYディスコ・サウンドの偉大なる才能”Arthur Russell”と”Steve D'Aquisto”2人がジョイントした「Loose Joints」の80年作、伝説の史上最高のNYのクラブ「Paradise Garage」で頻繁に使われた名曲をUS盤 12inchの「Larry Levan Remix」でお聴き下さい

NY音楽シ−ンに燦然と輝く偉大な才能、奇才であるチェロ奏者、プロデュ−サ−「Arthur Russell」、52年生まれ、73年からNYの「マンハッタン音楽学校」と「コロンビア大学」で電子音楽と言語学を学ぶ、75年からは「Talhing Heads」や「The Modern Lovers」に参加

その後は自身のグル−プ「The Flying Hearts」を結成、77年にはビート文学の巨匠である詩人”Allen Ginsberg”をゲストに迎えNY前衛音楽シーンのル−ツとも言える「Ballad Of The Lights」を録音、

78年、David Byrneをゲストに迎えNYの伝説的DJ”Nicky Siano”とのユニット「Dinosaur」名義でシングルをリリ−ス、80年には「Record Pool」を”David Mancuso”と共に始めたDJ”Steve D'Aquisto”とデュオユニット「Loose Joints」を結成、3枚のシングルをリリ−ス

また81年には「Dinosaur L」を結成、実験的NYダンスミュ−ジックの金字塔といえるアルバム「24→24 Music」を発表、また、現代音楽家”John Milton Cage”やミニマル・ミュージックの巨匠”Philip Glass”とのジョイント活動などで活躍します

92年、僅か40歳の若さでエイズのため急遽、70、80年代のニューヨークにおける伝説の偉大な音楽家です

本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ第881弾

Loose Joints / Is It All Over My Face (US 12`Female Vocal Larry Levan Remix) 80



NYディスコを語るには絶対に外せない偉大な才能、奇才「Arthur Russell」と”David Mancuso”と共に75年に「Record Pool」をシステム化した偉大なNYのDJ「Steve D'Aquisto」のデュオユニット「Loose Joints」の80年作

80年リリ−スのオリジナル12inchは”Larry Levan”がRemixした6分56秒の「Female Vocal」と9分33秒の「Male Vocal」のカップリングです。

80年代 New Yorkに在住、レジデントDJとし3年間活躍され、”Larry Levan氏”とは懇意で、伝説の史上最高のNYのクラブ「Paradise Garage」に精通する”Marc Masaki Yamamoto氏”からこの曲は「Paradise Garage」では頻繁に使われていたことを教わりました



音響の良いダンスホ−ルで踊ると病みつきになります、NYダンスミュ−ジックの古典になる名曲中の名曲です
Loose Joints - Is It All Over My Face (Larry Levan Male Remix)



カップリングB面です






ダンスホ−ルが似合う極上でパーカッシヴなダブ・チューンです
Loose Joints - Is It All Over My Face (Male Vocal)




本日は「Loose Joints」の80年作、「Is It All Over My Face」をUS盤 12inchの「Female Vocal Larry Levan Remix」でお楽しみください

DISCO 80`s カテゴリ−作りました。現在64枚エントリ−しています。こちらも是非宜しくお願いします
http://yaplog.dj-aki.net/category_5/

















http://yaplog.dj-aki.net/category_5/

本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:DJ AKI
  • アイコン画像 誕生日:1961年
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
免責事項
当サイトは自己所有のレコ−ドの紹介でyoutube等の共有サイトにある動画へのURLを私的利用の目的でまとめているサイトです。 アップロード等、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。
動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト管理者に責任は及ばないものとします。 万が一著作権に問題がある場合、不適切な動画やページがありましたら、各ページのコメントでお知らせいただければ削除などの対処をさせていただきます。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像のんたん。
» Rick James / Dance Wit' Me (US Promo 12`Special Disco Version) 82 (2017年05月09日)
アイコン画像のんちん。
» One Way / Mr. Groove (US Promo 12`Special Disco Version) 84 (2017年04月22日)
アイコン画像のんちん。
» Rah Band / Tears And Rain (12inch) 1982 (2017年04月17日)
アイコン画像DJ Shinohara
» 32年ぶりの現場DJ (2017年01月18日)
http://yaplog.dj-aki.net/index1_0.rdf

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村