Beginning Of The End / Funky Nassau (UK Promo 12` Long Version) 71 Matrix / Runout: SAM-206 A-1

June 19 [Wed], 2019, 20:12
本日はブルー・グラデ―ションの海と白い砂浜のコントラストが美しい、カリブ海・バハハから・・・怒濤のファンクで踊りましょう



入手困難で貴重なマトリクスは「1」、”正規オリジナルUK盤・白盤テストプレス・12inch”の「Long Version」でお聴きください




カリブ海、バハマ諸島の首都”ナッソー”で68年に結成された、ファンク・グル−プ「The Beginning Of The End」



メンバ−は”Ray (Organ)”,”Roy (G)”,”Frank (Drms)”の「Munnings・3兄弟」、と従兄弟の”Fred Henfield (B)”の4人と・・・・・・



サポ−トメンバ−として、バハマ・カリプソの大スタ−”Freddie Munnings”の息子”Fred Munnings Jr.”, ”Kenneth Lane”, ”Neville Sampson”, ”Ralph Munnings”, ”Vernon Mueller”を擁する「The Funky Nassau Horns」を加えた、大所帯バンドです




まず「Funky Nassau」を、自主制作のシングル盤として、「5千部」制作して発売、ラジオに取り上げられ話題になり、”T.K. Productions”創設者、マイアミを一大音楽都市にした功労者”Henry Stone”の目にとまり、傘下の「Alston Records」と契約



自主制作で録音した「Funky Nassau」を”Part 1”として、契約後、インストバ−ジョンの”Funky Nassau Part 2”を録音してリリ−ス、”全米・R&Bチャ−ト・7位”、”全米チャ−ト・15位”と大ヒットします



翌72年、シングル「Doin' The Funky Do」をリリ−ス後、メンバ−が分裂、企画されていたプロモ−ションツア−をキャンセル・・・・メジャ−になる機会を失います




本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第1368弾

Beginning Of The End / Funky Nassau (UK Promo 12` Long Version) 71 Matrix / Runout: SAM-206 A-1










バハマ諸島の首都”ナッソー”で68年に結成された、ファンク・グル−プ「The Beginning Of The End」の71年作、”全米チャ−ト・15位”を獲得したメガヒット作





本日ご紹介するのは、84年にオフィシャルでリリ−スされた”UK盤 12inch”の中でも、特に貴重で珍しい”正規オリジナル・白盤テストプレス・12inch”です




アルバム「3分10秒」から「5分48秒」へ、リミックスされた”正規オリジナル・白盤テストプレス”のマトリクスは「1」、高級な音響システムで鳴らすと「マト・1」の音鳴りは驚異的です




因みに「Funky Nassau」の”正規オリジナル・白盤テストプレス”は”2種類”リリ−スされ、2種類保有しています。違いは文中で詳しくご説明します









鳥肌モノの超ファンキーな名曲、熱いグル−ブに巻き込まれ、踊るしかありません
The Beginning Of The End - Funky Nassau












”UK盤・12inch”のオリジナルは、84年にリリ−スされた、貴重な”イギリス盤 12inch”だけです


ブ−トとの違いは収録曲、オリジナルは両面「Funky Nassau」収録、ブ−トはB面に「When She Made Me Promise」が収録されています










アルバム「3分10秒」から「5分48秒」へ強烈なリミックスをされています
The Beginning Of The End - Funky Nassau











こちらは、ロングバ−ジョン以上に、入手がかなり難しい「A / B面でPart分割」バ−ジョンです。(見比べるとラベルが異なります)




オリジナルのアルバムは71年リリ−ス、音はお世辞にも良いとはいえません・・・・・・”UK盤 12inch 45回転”の図太い音は驚愕します。共に探す価値は大きいです















”T.K. Productions”創設者”Henry Stone”に見出されて、録音したインストバ−ジョンの”Funky Nassau Part 2”、弾きまくられるギターが最高です
Beginning Of The End - Funky Nassau PT 2












本日は「Beginning Of The End」の71年作、「Funky Nassau」を貴重で珍しいマトリクスは「1」、”正規オリジナルUK盤・白盤テストプレス・12inch”の「Long Version」でお楽しみください






マイアミ「T.K. Records」カテゴリ−作りました。現在18エントリ−です。よろしくお願いします
http://yaplog.dj-aki.net/category_85/



http://yaplog.dj-aki.net/category_85/




本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy !! DJ AKI

Rufus And Chaka / Any Love (UK 12`Special Disco Version) 79

June 17 [Mon], 2019, 19:23
本日は「R&Bの女王」”Chaka Khan”のボ−カルが爆発する「Rufus And Chaka」の79年作、後半に向かっての高揚感が素晴らしい名曲です



”UK盤 12inch”の「Special Disco Version」でお聴き下さい




バンドの歴史は古く、シカゴで結成され、シングル「Bend Me, Shape Me (67年)」を”全米5位”に大ヒットさせたロックバンド「The American Breed」から分離独立



70年に「Rufus」に改名、72年、驚異的な歌唱力で「R&Bの女王」と呼ばれる”Chaka Khan”をボ−カルに迎え入れ、5人組で「Rufus Featuring Chaka Khan」が始動




”Stevie Wonder”から提供された「Tell Me Something Good」が74年、”全米・R&Bチャ−ト・第3位”、「You Got the Love」が堂々の”第1位”に輝き、アルバム「Rags to Rufus」は”全米・R&Bチャ−ト・4位”と”RIAA・ゴ−ルド認定”で人気がブレ−クします




グル−プとしては84年に解散するまでに11枚のオリジナルアルバムをリリ−ス、うち”全米・R&Bチャ−ト・第1位”に「4枚 (Top 5に6枚)」も送り込みます




また74年「Tell Me Something Good」と83年「Ain't Nobody」ではグラミ−賞も獲得、常にソウル・ファンクシ−ンの中核を成した名門グル−プです





本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第1367弾

Rufus And Chaka / Any Love (UK 12`Special Disco Version) 79









「R&Bの女王」”Chaka Khan (Lead Vo)”をフロントに”Tony Maiden (G)”、”Kevin Murphy (Key)”、”John Robinson (Ds)”、”Bobby Watson (B)”、”David "Hawk" Wolinski (key)”の6人組「Rufus And Chaka」の79年作




”Quincy Jones”がプロデュ−ス、”全米・R&Bチャ−ト・第1位”と”RIAA・プラチナム・認定”を獲得した、名作アルバム「Masterjam」からのセカンドシングル



キ−ボ−ド奏者”David "Hawk" Wolinski”が作曲、”全米・ダンスチャート・第5位”を獲得、ダンスクラシックス不朽の名曲です




本日ご紹介するのは”UK盤 12inch”です。ダンスフロア−を意識して高音圧でワイドレンジな「Special Disco Version」としてプロユ−スにアレンジされています









画質は悪いですが・・貴重なオンタイムのPVです
Rufus And Chaka - Any Love










素晴らしい演奏と、後半に向かって爆発する”Chaka Khan”のダイナマイトボイス、高揚感あふれる大名曲です
Rufus And Chaka - Any Love











カップリングB面です











”Chaka Khan”の低域から高域まで、歌の表現力が堪能できる、素晴らしいミディアム曲です
Rufus And Chaka - What Am I Missing ?











”Quincy Jones”がプロデュ−ス、”全米・R&Bチャ−ト・第1位”と”RIAA・プラチナム・認定”を獲得した、名作アルバム「Masterjam」



バックアップには”Jerry Hey”をはじめとした「Seawind・ホーン隊」や、「The Brothers Johnson」の”LouisとGeorge Johnson”、Louisの奥さま”Valerie Johnson”と「Passage」を結成する”Richard Heath”が参加











また、偉大なメロディ−メイカ−である、”Quincy Jones”の右腕”Rod Temperton”もリズム・アレンジや楽曲提供を行っています






作曲は”Rod Temperton”、キャッチ−なメロディ−に、縦横無尽に唄う”Chaka Khan”が素晴らしいです
Rufus And Chaka - Live in Me









本日は「Rufus And Chaka」の79年作、「Any Love」を”UK盤 12inch”の「Special Disco Version」でお楽しみください






「Chaka Khan」カテゴリ−作りました。現在8エントリ−です。こちらも是非宜しくお願いします
http://yaplog.dj-aki.net/category_46/



http://yaplog.dj-aki.net/category_46/





本日もブログにご訪問ありがとうございました
Enjoy!! DJ AKI

The Reverie Saigon Vol.8 (Lobby)

June 16 [Sun], 2019, 23:04
The Reverie Saigon Vol.8 (Lobby)
 




Instagramで発信したライブ映像です

 









世界ランキング第4位、最高級”6つ星・ホテル”「The Reverie Saigon」





ホテル名の「Reverie」とは、“幻想”や“夢想”を意味します。まさに、このホテルは非日常的な夢のような世界、夢か現か……そんな幻想的な世界が広がっています
”The Reverie Saigon (Vietnam)”
https://www.thereveriesaigon.com/











豪華絢爛でゴ−ジャスなフロント・ロビ−です
 










ホテルのシンボル的時計「ザ・サイゴン・タイムズ・スクエア・クロック」












イタリア・フィレンツェの「BALDI(バルディ)」で作成











風水で”健康、財団、調和”をもたらすと言われる「緑」をイメ−ジカラ−に、幸福と幸運をもたらす「金」とふんだんに「宝石」で装飾されています






















フロントを優雅に飾る「Colombostile(コロンボスティール)」のソファ












このソファは、あの”マイケル・ジャクソンの邸宅”と”The Reverie Saigon (Vietnam)”の2つだけ















全長7メ−トルを越え、大人10人くらいが、余裕で座れる長さ・・・・・










ソファのフレームはすべて手彫り


そして、ソファの後ろには、オニキスなど宝石があしらわれているなど、とにかく贅沢の極みです


















非日常空間です













ベネチアのモザイク専門ブランド「Sicis(シチス)」による、色とりどりの花がモザイクで描かれた壁


ベネチアのムラノ島を拠点にする「Venini(ベニーニ)」のシャンデリア


















ホテルは美術館や博物館のような状態です



















「ベトナム・The Reverie Saigon・旅行記」は終盤になりました、あとは”Gianni Versace・撮影会”の模様を、次週から日曜日毎にアップしていきます。こちらも応援してくださいね














 

「ベトナム・The Reverie Saigon・旅行記」リンクです。是非ご覧くださいね
http://yaplog.yukari1112.com/category_35/









本日もブログにご訪問いただきありがとうございます

Produced by Yukarythem


The Reverie Saigon Vol.7 (Entrance)

June 16 [Sun], 2019, 22:52
The Reverie Saigon Vol.7 (Entrance)
 



Instagramで発信したライブ映像です

 








人口800万人、大阪と同規模の大都会・ホ−チミン随一を誇る、39階の高層ビル”Saigon Time Square”に位置

世界ランキング第4位、最高級”6つ星・ホテル「The Reverie Saigon」













ホテル名「Reverie」の語源は「夢」、ゲストは非日常を味わい、中国の風水からくる、よい気を浴びて、エネルギーチャージができるよう設計されています



ドンコイ通りとグエンフェ通りに面するエントランス











ベトナムで裕福と幸福を知らせる「孔雀 (クジャク)」の羽を、富の象徴・金色でデザインしています















こちらは正面「車寄せ」















瑪瑙(めのう)の巨大な壁
















豪華絢爛でゴ−ジャスなエントランスです
 
















天井のシャンデリア「アラベスク・エッグ」は、ベネツィアン・グラスのピースで「ベトナムの地形」を表現










ボリビア産の最高峰で、神秘的な美しさを放つ、希少価値の高い”ブルーの大理石”に囲まれたエレベーターホール
















エレベ−タ−の壁は瑪瑙(めのう)が敷き詰められています













アンモナイトや化石が入っています











宝石をあしらった孔雀・・・・さりげなく、警備の人が佇んでいます









近づいて見ると・・・・・圧倒されます















宝石で作成された絵画はホテル内、至る所に・・・・














ホテルは美術館や博物館のような状態です











 



「ベトナム・The Reverie Saigon・旅行記」リンクです。是非ご覧くださいね
http://yaplog.yukari1112.com/category_35/









本日もブログにご訪問いただきありがとうございます

Produced by Yukarythem


The Reverie Saigon Vol.6 Breakfast at The Reverie Saigon (Cafe Cardinal)

June 15 [Sat], 2019, 19:06
The Reverie Saigon Vol.6

Breakfast at The Reverie Saigon (Cafe Cardinal)






インスタグラムで発信したライブ映像です










世界ランキング第4位、最高級”6つ星・ホテル”にランク、ベトナムの迎賓館「The Reverie Saigon」での朝食



豪華絢爛、とびきりゴ−ジャス、まさに”6つ星・ランク”の朝食です




記念のPV作成しました。ご覧くださいね







3フロア−吹き抜け・フランス料理のメインダイニング「Cafe Cardinal」を使用します

















”Gianni Versace・撮影会”をしたことがホテルで話題になりまして・・・・・












滞在二日目の朝食時、ホテル「ザ・レヴェリーサイゴン」など、多数のホテルを運営する「WMC Group」のバイス・プレジデント”James氏”が、私たちの席まで来られ・・・・御挨拶を受けました














次回の滞在は、ぜひメゾネットのスイ−トル−ムでと・・・・嬉しい悲鳴のお言葉を・・・・




レストランでは毎朝、眺めの良い、こちらの席を、私たちのためにリザ−ブしていだだきました













”フェラーリ”、”ブガッティ”、”各航空会社・ファ−スト・クラス”の本革シートなど、「ペレ・フラウ」と呼ばれる高品質な革をふんだんに用いて、熟練職人がハンドメイドで仕上げる、イタリアのハイエンド高級家具メーカー「Poltrona Frau / ポルトローナ・フラウ」




座り心地は抜群、長時間座っても疲れ知らず・・・つい長居をしてしまいます











Cafe Cardinal・マネ−ジャ−”Arnaud”がこまめに声をかけてくれ、シャンパンも空くと、すぐにサ−ブに来てくれます





















6階にある「Cafe Cardinal」のエントランス











エントランス横には、夜にシックな雰囲気のバ−があります













モダンなイタリアン・デザインのスペ−スです















7階・パブリックフロントからは、優雅な螺旋階段で・・・
















プ−ルを眺めながら、3フロア−吹きぬけの螺旋階段を降りていくのは、まるで映画スタ−になった気分です

















赤の石で装飾された、見事な柱です











フランス流に、朝からシャンパンが用意されています












搾りたてのフレッシュ・フル−ツ・ジュ−スが10種類も・・・・雨季なので、味の濃厚さは言葉になりません、感動的なおいしさです











毎日変わる自家製・スム−ジ、本日はパパイヤです











ビュッフェは種類が豊富です





















「The Reverie Saigonの朝食」は”ビュッフェ形式”だけでなく・・


なんとメニュ−から選ぶ”オ−ダ−制”でもセレクトできます













朝からシャンパンで乾杯












フルコ−スでオ−ダ−していきます











前菜に「フォアグラのテリ−ヌ」










フォアグラのテリーヌは、小さく切って、マンゴチャットニ−(マンゴーチャツネ)とストロベリ-でカナペにして、いただきます














マネ−ジャ−おすすめ、”トリュフ”と”フォアグラのソテ−”添え・・・・・「The Reverie Egg」















サシの入りが絶品・・・・・思わずうなった、最高級サ−ロインステ−キ(あまりの美味しさに2枚も食べました)











アイス・ベトナムコ−ヒ−(練乳入り)、スイカジュ−スの美味しいこと











キンキンに冷やしたココナッツのジュ−ス、露天で飲むとぬるいので、美味しくないのですが・・・・さすが「The Reverie Saigo」です












今回の6泊では、衛生面で不安がある、街中の屋台や、地元のレストランは行きませんでした



行動範囲はホテルから50メ−トル圏内のみ・・・・



ですから、ベトナム料理がオ−ダ−できるのは嬉しいことでした












ブンボ−フエ

ベトナム中部にある街フエの名物麺ブンボ―フエ(牛肉の辛口ス−プ麺)です












ベトナムくずれ米・ごはん、豚のグリル


「くずれ米・ごはん」はベトナムの高級米です













ボーコー(Bo Kho)
ベトナム風ビーフシチュー、やわらかく煮込んだ牛肉が最高でした












言葉にならない・・・絶品のお粥











最後はデザ−トです










雨季のお楽しみ「フル−ツ」、味の濃さ、甘さはやみつきになります


パッションフル−ツ、ドラゴンフル−ツの美味しさにビックリ


乳製品である、ヨ−グルト、プリンの美味しいこと・・・・













バタ−ミルク・パンケ−キ、バナナ・キャラメル、カナダ産メイプルシロップ添え













夕食のフルコ−ス・ディナ−ともいえるメニュ−を毎朝オ−ダ−して、絢爛豪華な朝食をいただきました



お味に関しては、間違いなく、素晴らしいもの、調理レベルの高さを実感、朝からグルメを堪能



そして、”6つ星”を感じたのは、「サ−ビスレベル」















私は、”レストランの企画、経営”に従事した経験がありますので


口にこそあまり出しませんが、かなり辛口で、スタッフの動き、サ−ビスは観察しています







一流と言われる、国内、海外のホテルやレストランでのサ−ビスも・・・・・・・


のところも、多々あることは身をもって体験しています





こちらでは、ウェイトレスやサ−ビス・スタッフが多く


テ−ブルの状態、ゲストの状態を細かく見て、かゆいところに手が届く


さすが”6つ星”といえる最善のサ−ビスをしていました














ゴ−ジャスなインテリア、グルメのお料理、最高のサ−ビス・・・・とびきりゴ−ジャスな朝食です




「ベトナム・The Reverie Saigon・旅行記」リンクです。是非ご覧くださいね
http://yaplog.yukari1112.com/category_35/









本日もブログにご訪問いただきありがとうございます

Produced by Yukarythem


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:DJ AKI
  • アイコン画像 誕生日:1961年
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
免責事項
当サイトは自己所有のレコ−ドの紹介でyoutube等の共有サイトにある動画へのURLを私的利用の目的でまとめているサイトです。 アップロード等、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。
動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト管理者に責任は及ばないものとします。 万が一著作権に問題がある場合、不適切な動画やページがありましたら、各ページのコメントでお知らせいただければ削除などの対処をさせていただきます。
カテゴリアーカイブ
2019年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ル・キャステル コジョウ
» なんとなくクリスタル、今でもキラキラ・クリスタル (美幸さん) (2019年03月15日)
アイコン画像胡桃
» Tania Maria / Don`t Go (UK 12` Remix Long Version) 85 (2019年02月27日)
アイコン画像disco dj AKI
» Bobby Nunn / Cherry Pie (Fra 12` Extended Mix) 81 (2019年02月01日)
アイコン画像オリジナル主義
» Bobby Nunn / Cherry Pie (Fra 12` Extended Mix) 81 (2019年02月01日)
アイコン画像copa_papa
» DJ AKI Live 1984 (Disco Maggi Osaka)  (2018年12月22日)
アイコン画像Wesley ‘Pike’ Hall, jr.
» Pike (I met in N.Y.) (2018年11月26日)
アイコン画像Wesley ‘Pike’ Hall, jr.
» Pike Story (Transformed from The Banker of J.P. Morgan Chase Bank to The Musician) (2018年11月26日)
http://yaplog.dj-aki.net/index1_0.rdf

にほんブログ村
にほんブログ村