Roberta Flack / Don't Make Me Wait Too Long (UK 12`Special Disco Version) 80

November 29 [Thu], 2018, 16:30
本日は”Stevie Wonder”作曲、、”Donny Hathaway”突然の訃報という不幸の中、”Roberta Flack”が悲しみを乗り越え、一人で歌い上げた、感動の名曲です


”UK盤 12inch”の「Special Disco Version」でお聴き下さい




37年、ノース・カロライナ州生まれの”Roberta Flack”、父は「ピアニスト」、母は「オルガニスト」という”音楽一家”に育ち、”ハワード大学”ではクラシック、声楽を学んだ音楽エリ−ト


卒業後は音楽教師や、ナイトクラブでのピアノ演奏をしながら、キャリアを積み、69年、苦節32歳にして「アトランティック・レコード」からデビューしました。


72年、映画「恐怖のメロディ」に使われた「The First Time Ever I Saw Your Face(愛は面影の中に)」が”全米・1位”に輝き、大ヒット、グラミー賞の「最優秀レコード賞」を受賞して大ブレ−クを果たします


その後の活躍はめざましく、グラミー賞では「最優秀レコード賞」、「最優秀楽曲」、「最優秀女性ボーカル」の三部門を受賞


また、72年、73年は「Record Of The Year(最優秀レコード賞)」を”2年連続”で受賞、こちらの2年連続・受賞は「U2」と「Roberta Flack」だけ、という輝かしいキャリアを持ちます


最新作は2012年までに21作のアルバムをリリ−ス、特に89年までの14枚は、全てが”全米・R&Bチャ−ト・20位”以内にランクインする快挙を達成。数多くの名曲を世に出しました



本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ−ズ 第1295弾

Roberta Flack / Don't Make Me Wait Too Long (UK 12`Special Disco Version) 80






本来は、全編”Donny Hathaway”との「デュエット・アルバム」として計画されていた、アルバム「Roberta Flack Feat. Donny Hathaway (ダニーに捧ぐ)」


録音中の79年1月13日、名曲「Back Together Again」録音を終えた夜、”Donny Hathaway”は突然の死去・・・・・


”Stevie Wonder”から提供された「Don't Make Me Wait Too Long」は、「突然の訃報」という悲しみの中、”Roberta Flack”は、神々しい伸びのある歌声にて、一人で歌い上げた、感動の名曲です


12inchカットは本国アメリカではされず、”UK盤・12inch”オンリ−です。ダンスフロア−を意識したワイドレンジで高音質な「Special Disco Version」としてプロユ−スにアレンジされています







”Stevie Wonder”作曲、本来は”Donny Hathaway”との「デュエット」予定を、悲しみを乗り越えて”Roberta Flack”が一人で歌い上げた、感動の名曲です
Don't Make Me Wait Too Long (feat. Donny Hathaway)








カップリングB面です







”Gwen Guthrie”作曲、アレンジは”Luther Vandross”が担当、こちらも素晴らしい名曲です。
Roberta Flack - God Don't Like Ugly







”全米・チャ−ト・22位”、”R&B・チャ−ト・第4位”にランクインした、名作アルバム「Roberta Flack Featuring Donny Hathaway (邦題:ダニーに捧ぐ)」から1曲お聴き下さい









”Stevie Wonder”作曲、アルバムからのファ−スト・シングル、”全米R&Bチャ−ト第8位”にランクインした、世紀のデュエット名曲です
Roberta Flack & Donny Hathaway (1980) - You Are My Heaven










本日は”Stevie Wonder”作、”Roberta Flack”80年の名曲「Don't Make Me Wait Too Long」を”UK盤 12inch”の「Special Disco Version」でお楽しみ下さい




”Roberta Flack & Donny Hathaway”の80年作、「Back Together Again」は”非売品 US盤 Promo 12inch”の「Special Tee Scott Mix」で記事にしています
http://yaplog.dj-aki.net/archive/1048









「Roberta Flack、Donny Hathaway」カテゴリ−つくりました。現在7エントリ−です。こちらもよろしくお願いいたします
http://yaplog.dj-aki.net/category_41/



http://yaplog.dj-aki.net/category_41/

本日もブログにご訪問ありがとうございました
Enjoy!! DJ AKI

Dizzy Gillespie / Closer To The Source (1984)

November 27 [Tue], 2018, 19:27
本日はジャズ・トランペットの巨匠”Dizzy Gillespie”が”Marcus Miller”、”Stevie Wonder”と共演、音楽を愛する方には「夢の共演」です



日本で独自企画された素晴らしいアルバムを、私が”高音質・リッピング”しましたので、お楽しみ下さい(本日は書き直し再掲載です)



1917年、サウスカロライナで生まれた、ジャズ・即興音楽・トランペット奏者の巨匠”Dizzy Gillespie”



アルト・サックス奏者”チャーリー・パーカー”と共に、「モダン・ジャズ」の原型となるスタイル、「bebop(ビバップ)」を築いた”功労者”として、ジャズの歴史上で讃えられ



40年代には「アフロ・キューバ音楽」、「ラテン・ジャズ」を推進させたアーティスト、として知られる偉大なミュ−ジシャンです



途中から折れ曲がり、ベルが宙を向いた”トランペット”を、頬いっぱいにふくらませ、高らかなトーンで、豪快かつ、驚異的なテクニカルでもって、"Sound of Surprise"と形容される演奏スタイルをトレ−ドマ−クに「トランペットの生きる伝説」として君臨しました。



35年、18歳でデビュ−してから、繰り返しビッグ・バンドを組織、積極的に海外公演を行い、「モダン・ジャズ界の長老」として、晩年まで長く音楽活動を続けましたが、93年、75歳で急遽しました



本日の救出品 LP
皆さん大好きシリ−ズ 第1293弾

Dizzy Gillespie / Closer To The Source (1984)








モダン・ジャズの原型となる「bebop(ビバップ)」を築いた、ジャズ・トランペットの巨匠”Dizzy Gillespie”



84年当時、「66歳」になる”モダン・ジャズ界の長老”と、当時の音楽シ−ンの最前線で活躍する”Marcus Miller”、”Stevie Wonder”と共演するという、音楽を愛する方には「夢の共演」を日本サイドが企画しました




「日本独自企画盤」の録音はニュ−ヨ−ク、ロサンゼルス、マイアミで行われ、ミキシングを東京で行い、84年にリリ−スされました






この素晴らしいアルバムは、今まで音源がありませんでした。私がリッピングし「Youtube」にポストしました。84年当時、最先端のデジタル録音された、豪快で広大なレンジの音を聴いてみてください(曲の権利所有者に収益化されていますので著作権はクリアしています)





原曲は”Leroy Hutson”のカバ−曲、なんと”Stevie Wonder”がハ−モニカとキ−ボ−ドで特別参加、”Angel Rogers”のヴァ−カルも秀逸な、「至宝の名曲」です
Dizzy Gillespie - Closer To The Source (Ft, Stevie Wonder)






84年当時、「私のディスコ・DJタイムの現場」において、様々な場面でパワ−プッシュ、大活躍したLPです。



とにかく、84年当時、このアルバムは使いまくりました。本日はアルバムから3曲お聴き下さい










”Marcus Miller”作曲、重心が低い、グル−ブ感満点のベ−スと、甲高い「Dizzy Gillespie」のトランペットが巻き起こす素晴らしいコラボです
Dizzy Gillespie - Could It Be You (Ft. Marcus Miller)








張りのある女性歌手”Angel Rogers”をフュ−チャ−、スピリチュアルなダンスナンバ−です
Dizzy Gillespie - Just Before Dawn (Ft. Angel Rogers)








アルバムは”Herbie Hancock”や”Teddy Pendergrass”の素敵なカバ−を、”Buddy Williams (Drms)”,”Sonny Fortune (Alto Sax)”,”Branford Marsalis (Tenor Sax)”,”Hiram Bullock (G)”など、素晴らしいゲスト演奏者と共に、”Dizzy Gillespie”が楽しんでトランペットを演奏しています



全曲素晴らしい出来映えです。残念ながら、Youtubeには音源がありません。是非CDをお買い求めになりお聴き下さい。絶対的にお薦めのアルバムです









レコ−ドの解説は演奏メンバ−と録音日などかなり詳細に書かれています



本日は”Dizzy Gillespie”の84年名作アルバム、「Closer To The Source」をお楽しみ下さい




「Jazz、Fusion・カテゴリ−」は現在47エントリ−していますので宜しくお願いします
http://yaplog.dj-aki.net/category_6/



http://yaplog.dj-aki.net/category_6/



本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

Pike Story (Transformed from The Banker of J.P. Morgan Chase Bank to The Musician)

November 25 [Sun], 2018, 17:27
「Pike Story」(Transformed from The Banker of J.P. Morgan Chase Bank to The Musician)


「世界的な一流銀行”J.P. Morgan Chase銀行”のマネ−ジャ−職」から「B.T. Expressのリ−ドギタ−奏者」に転身


本日は、昨夜のブログの続編、驚きの”Wesley ”Pike” Hall (B.T. Express)” のヒストリ−をお楽しみください








記念にPVを作成しました。ご覧ください
Pike Story(Transformed from The Banker of J.P. Morgan Chase Bank to The Musician)







アメリカ連合国・最後の首都、バ−ジニア州・Danville (ダンビル)で53年に産まれた”Wesley Hall”、6歳からは近郊のJave (ジャバ)で育ちます









ギタ−をはじめたのは中学時代、14歳の時 (お勉強が出来そうで、知性が高い顔付きです)








高校時代は合唱団で活躍します。「High School Concert Choir」









19歳で大学卒業後、「銀行家」の路に進みます







23歳の時、ニュ−ヨ−クに進出、「J.P. Morgan Chase Bank」に入社、才能を認められ、


若くして「マネ−ジャ−に就任」、6年間、ニュ−ヨ−クの経済界で辣腕をふるいます





**********************************************************



「Transformed from The Banker of J.P. Morgan Chase Bank to The Musician」


28歳の時、「B.T. Express」のオ−ディションに参加、なんと「合格、採用!!!!」



銀行家とミュ−ジシャンの選択に迫られ・・・・


周りの反対を押し切り・・・・・・・


成功していた、銀行家のキャリアを捨て、プロ・ミュ−ジシャンの路に転身







ナンバ−ワン・ヒットを多数輩出する、ニュ−ヨ−クのベテラン名門ファンク・バンド「B.T. Express」のリ−ド・ギタ−奏者・作曲家としてデビュ−します








”Pike”は「Greatest Hits」、「1980」、2枚のアルバムで作曲家、リ−ド・ギタ−奏者として大活躍、74年デビュ−のベテランバンドに「新しい風」を吹き込みます







80年リリ−ス、「Greatest Hits」では新曲・3曲のうち、「Stretch」「Let Me Be The One」の2曲は”Pike”作曲、









”全米・R&Bチャ−ト・23位”にランクインした「Stretch」は、のちの「Pike Band」に参加するキ−ボ−ド奏者”Emmett Walker”との共作です







「B.T. Express」6作目のアルバム、”全米・R&Bチャ−ト・26位”を獲得した名作アルバム「1980」では、オンタイムに大ヒットした、ファ−スト・シングル「Does It Feel Good」を作曲










B.T. Express / Does It Feel Good (US Promo 12`Special Long Version) 80
http://yaplog.dj-aki.net/archive/1128






ちなみに、この曲は99年、”Phats & Small”が「Feel Good」サンプリング、”全米・ダンスチャ−ト・第1位”に輝いています
Phats & Small - Feel Good









このように、”Pike”はこの時期、バンドの中心人物として、ベテラン名門バンド「B.T. Express」で活躍します



**********************************************************



81年、自らのレーベル「Penke Records Inc.」をニュ−ヨ−クで設立、妹の”Penny”と”Pike”を掛け合わせて命名、第一弾シングル「Black Rodeo」をリリ−ス






「B.T. Express」のメンバ−2人と共に、「Pike Band」結成








Wesley "Pike" Hall (G, Vocals)


Emmett Walker (Key) ・・・「B.T. Express / Stretch」の共作者、91年にはHip Hopグル−プ「Shian / Payback」のプロデュ−スを行う


Tyrone Govan (Drms)・・・「B.T. Express / Give Up The Funk (Let's Dance)」でドラム演奏を披露、82年アルバム「Keep It Up」まで「B.T. Express」加入



Tony Stevenson (B) ・・・ニュ−ヨ−クの敏腕ベ−ス奏者


Barry Gunn(Vo)


Susan (Vo)・・・ゴスペル・グループ「The Voices Of East Harlem」のメンバ−、”Santana”,”Jimi Hendrix”,”Janis Joplin”のバックコ−ラスでも活躍



82年、ニュ−ヨ−ク・タイムズ・スクエア−にある名門「Unique Recording Studios」 で至宝の名曲「Good Feelings」を録音
https://uniquerecording.com









”Pike”の「Good Feelings」はこちらをご覧ください
http://yaplog.dj-aki.net/archive/1049






**********************************************************



現在は、自然に囲まれた広大な庭を持つ、ニュ−ジャジ−の自宅にあるスタジオで、新曲の録音もしています










「B.T. Express」ではギブソン・レスポ−ル、「Pike Band」ではフェンダ−・テレキャスタ−を使用








愛車は真っ赤な「シボレー ・Corvette」のオ−プンカ−



”6.2リッター・V型8気筒・スーパーチャージドエンジン”は、「最高出力・659馬力 / 最大トルク・89.8kg・m」を発揮するモンスタ−カ−



”0-60mph・加速”は「2.85秒」、”クォーターマイル”を「10.95秒」で走ることができる



「世界で最も速いクルマの1つ」です










当日は真っ赤な「シボレー ・Corvette」のオ−プンカ−で、タイムズスクエアに乗り付けてくる予定でした


ニュ−ヨ−クは「136年ぶりの大雪」の影響で、道路には雪が残り、危険なために断念、次回訪問時に乗せてもらえる約束をしました









**********************************************************



”Pike”は、カリブ海のリゾートから、帰国したばかり



前夜、2時間の睡眠しかしていないとの事でしたが・・・・・結局、5時間以上も尽きない会話で盛り上がりました







若くして、世界的な一流銀行「J.P. Morgan Chase銀行」のマネ−ジャ−職という経済的な成功を果たし、安定した「銀行家」の路から



周りの大反対を押し切り、すべてを投げ打って、当時はニュ−ヨ−ク・ファンクの大スタ−だった「B.T. Express」のメンバ−という「ミュ−ジシャン」の路に転進









音楽の話しから人生論まで、とても知的で、落ち着いた話し方をする、パイクの人生観、人間性に大感動しました








”Pike"のメッセ−ジはこちらをご覧ください







「Pike (I met in N.Y.)ブログ」ではたくさんの写真を掲載しています
http://yaplog.dj-aki.net/archive/1338



Mr. Pike, thank you for the best time in my life



本日もブログにご訪問いただきありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

Pike (I met in N.Y.)

November 22 [Thu], 2018, 19:40
So Happy !! I Had The Best Night In My Life

Thank you so much, My best friend ”Wesley ”Pike” Hall (B.T. Express)” 

Good Feelings, Good Good Feelings at The View Londge (48F) New York Marriott Marquis





記念のPVをご覧ください
Pike (I met in N.Y.)






今回「芸術の秋・New York」旅行、最後のハイライト


多数の大ヒット曲を出し、”ニュ−ヨ−ク・ファンク”の代表的名門バンド、「B.T. Express」のリ−ド・ギタ−奏者







80年、「B.T. Express」加入、その卓越した作曲能力で、シングルカットされた曲のほぼ全曲を作曲

「名門グル−プの中心人物」として”アルバム2枚”で活躍します









また、現在の”世界的ブギ−ブ−ム”の中で、最上級なメガトン級・レア・レコ−ドとして知られる「Pike Band」のリ−ダ−「Wesley ”Pike” Hall」、通称「Pike」







Pikeの詳細はこちらをご覧ください
http://yaplog.dj-aki.net/archive/1049







2018年11月18日(日)宿泊した「New York Marriott Marquis (Times Square)」の私の部屋(42階)と


















ニュ−ヨ−クのパノラマを一望できる「The View Londge (48階)」で、パイクと楽しみました











「B.T. Express」加入の驚くべき逸話をはじめ、なんと、経済人としても、超一流人物なパイクなど、凄い話しを、たくさん聞きました










パイクは、カリブ海のリゾートから、帰国したばかり、前夜、2時間の睡眠しか、していないとの事でしたが・・・・・結局、5時間以上も大盛り上がり 最高でした







嬉しかったのは、私のブログを以前から見ていてくれたそうです。「1000回記念のメモリアル記事」を依頼されて、驚いたと・・・



「バラエティ−豊かな選曲、AKIは最高のDJだ!!次は何が飛び出すか、毎回、ブログを楽しみにしている」と、最上級の言葉で褒めていただき・・・・舞い上がりました








人生最良の時間でした。

Pike Good Feelings





次回ブログ「Pike History」で詳細にご報告します。ご期待くださいね
Enjoy!! DJ AKI

ニューヨーク・シティ・セレナーデ (New York Trip 2018 Fall)

November 13 [Tue], 2018, 19:25
Hello I will travel to "New York", day after tomorrow


本日は、明後日から、旅行に行く「秋のニュ−ヨ−ク」をテ−マにブログを執筆します。






秋のニュ−ヨ−ク、このPVでお楽しみください
Arthur's Theme / Christopher Cross







5年ぶりに訪問する「New York・ニュ−ヨ−ク」









今回、旅行のテ−マは「芸術の秋・New York」








The New York Philharmonic (ニューヨーク・フィルハーモニック)











ニュ−ヨ−ク・フィルの演目は「美しき青きドナウ」です。PVをご覧ください





ブロ−ドウェイ・ミュ−ジカル・「オペラ座の怪人」









The Phantom Of The Opera - Theme Song







美術館巡り、ゴスペル鑑賞、日曜礼拝・・・・・


Whitney 現代美術館









Whitney 現代美術館 (New York Trip 2018 Fall)






最終日の夜は、ニュ−ヨ−クの象徴的ファンクバンドである、「B.T. Experss」のギタ−奏者で、大親友”Wesley Hall(Pike)”と会ってきます







Pike / Good Feelings (US Promo 12`Special Long Version) 82
http://yaplog.dj-aki.net/archive/1049




20代の頃から何度訪問しても、毎回、感性に新しい刺激を与えられる、「ニュ−ヨ−ク」






今の私で、年齢相応の「ニュ−ヨ−ク・芸術の秋」を楽しみたいと思います





音楽ブログは、帰国次第に再開いたします


Enjoy!! DJ AKI
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:DJ AKI
  • アイコン画像 誕生日:1961年
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
免責事項
当サイトは自己所有のレコ−ドの紹介でyoutube等の共有サイトにある動画へのURLを私的利用の目的でまとめているサイトです。 アップロード等、著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。
動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト管理者に責任は及ばないものとします。 万が一著作権に問題がある場合、不適切な動画やページがありましたら、各ページのコメントでお知らせいただければ削除などの対処をさせていただきます。
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像Wesley ‘Pike’ Hall, jr.
» Pike (I met in N.Y.) (2018年11月26日)
アイコン画像Wesley ‘Pike’ Hall, jr.
» Pike Story (Transformed from The Banker of J.P. Morgan Chase Bank to The Musician) (2018年11月26日)
アイコン画像Dee Jackson Field
» Aurra / Are You Single (US 12`Special Disco Version) 81 (2018年08月21日)
アイコン画像Dee Jackson Field
» Aurra / Are You Single (US 12`Special Disco Version) 81 (2018年08月21日)
アイコン画像DJ AKI
» Earth Wind & Fire / Mom (US 12`Unofficial Vocal Remix) 72 (2018年08月15日)
アイコン画像のんちん。
» Earth Wind & Fire / Mom (US 12`Unofficial Vocal Remix) 72 (2018年08月15日)
http://yaplog.dj-aki.net/index1_0.rdf

にほんブログ村
にほんブログ村